十月大歌舞伎 通し狂言 義経千本桜
2013.09.29 Sunday 20:34
10月、ようやく新しい歌舞伎座に行って参りますよ。
しかも演目は『通し狂言 義経千本桜』

昼の部

通し狂言 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

序 幕 鳥居前   
佐藤忠信実は源九郎狐 松 緑
武蔵坊弁慶 亀三郎
静御前 梅 枝
亀井六郎 歌 昇
片岡八郎 種之助
伊勢三郎 米 吉
駿河次郎 隼 人
笹目忠太 亀 寿
源義経 菊之助

二幕目 渡海屋
    大物浦 
渡海屋銀平実は新中納言知盛 吉右衛門
女房お柳実は典侍の局 芝 雀
相模五郎 又五郎
入江丹蔵 錦之助
亀井六郎 歌 昇
片岡八郎 種之助
伊勢三郎 米 吉
駿河次郎 隼 人
武蔵坊弁慶 歌 六
源義経 梅 玉

三幕目 道行初音旅   
佐藤忠信実は源九郎狐 菊五郎
逸見藤太 團 蔵
静御前 藤十郎
夜の部

通し狂言 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

四幕目 木の実
    小金吾討死   
いがみの権太 仁左衛門
若葉の内侍 東 蔵
主馬小金吾 梅 枝
猪熊大之進 市 蔵
鮓屋弥左衛門 歌 六
小せん 秀太郎

五幕目 すし屋   
いがみの権太 仁左衛門
小せん 秀太郎
弥助実は三位中将維盛 時 蔵
お里 孝太郎
お米 竹三郎
鮓屋弥左衛門 歌 六
若葉の内侍 東 蔵
梶原平三景時 我 當

大 詰 川連法眼館   
佐藤忠信/忠信実は源九郎狐 菊五郎
静御前 時 蔵
駿河次郎 團 蔵
亀井六郎 権十郎
飛鳥 秀 調
川連法眼 彦三郎
源義経 梅 玉


本当は昼夜通しで観たかったところですが、チケット販売日をすっかり失念していて通しでは取れず。お高い席は残ってはいたんですが……昼夜で3万越えはフリーに戻ったばかりの身にはちょっとお財布に痛い。
とりあえず知盛入水は観たかったので昼のチケットを確保して、幕見があれば川連法眼館を観たいところですが、はてさて。

新しい歌舞伎座が開場してからだいぶ経ってしまいましたが、久しぶりの歌舞伎を堪能してきます!


| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
三谷文楽『其礼成心中』@渋谷パルコ劇場
2013.08.11 Sunday 08:21
昨日は渋谷パルコ劇場にて三谷文楽『其礼成心中』を観劇。

近松門左衛門が書いた「曽根崎心中」の影響で心中が多発、近くで饅頭屋を営む夫婦は商売あがったり。
しかし、ある男女を助けたことをきっかけに、心中をしようとする男女を相手の人生相談をはじめ、さらには「曾根崎饅頭」と称した饅頭を高額で売ることで一時は財をなす。
だが、盛者必衰。近松が新たに書き下ろした「心中天網島」の影響で心中のメッカは網島に取られてしまう。しかも自分たちと同じような商売を始める者まで現れる始末。途端に傾く身代。
さらにはその商売敵の息子と自分たち夫婦の娘が恋仲に――。


文楽を観るのは初めてなれど……まあ、あくまでも三谷文楽なので、あれをそのまま文楽だと思ってはいかんのだろうな。
正調の文楽も観たいところ。

けど、文楽人形って3人で1体を操るのか(自分の文楽知識はこんなレベルです)。
表現豊かで、一人で登場人物の声色を使い分ける太夫の語りも相まって、物語より何よりそちらに感動でありますよ。 これで朗読劇とかやりたいな……。


| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
市川海老蔵自主公演ABKAI に行ってきた
2013.08.05 Monday 07:26
昨日は市川海老蔵自主公演ABKAI http://abkai.jp/ を観るため、シアターコクーンへ。
完徹してへろへろだったけど……なんとか……。

演目は歌舞伎十八番の内『蛇柳』と新作歌舞伎『疾風如白狗怒涛之花咲翁物語』。
(以下、ネタバレ……というほどでもないけど、まだ公演中なので一応)



| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
三谷文楽『其礼成心中』/ABKAI『疾風如白狗怒涛之花咲翁物語。〜はなさかじいさん〜』
2013.06.27 Thursday 04:53
仕事以外の話もちょろっと。
アウトプットばかりでぜんぜんインプットできていないので、

三谷文楽『其礼成心中』
市川海老蔵自主公演 ABKAI『疾風如白狗怒涛之花咲翁物語。〜はなさかじいさん〜』

のチケットを確保。
8月は久しぶりに舞台充の予定です。
新しい歌舞伎座もまだ行ってないし、そちらも早いうちに行きたいトコロですよ。

| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
奉納靖国神社夜桜能
2013.04.06 Saturday 08:55
奉納靖国神社夜桜能を観に行ってきた感想をつらつらと。

初日は雨天のため日比谷公会堂に会場変更。
ここ4年くらいか、毎年観に行っているんだけど、来年はもういいかな……というのが終演後の感想。
悪くないんだ。
演目も内容も。
ただ、昨年の震えるくらい良かった石橋を観てしまうと、それ以下……というと何だけど、震えるものがないものを、わざわざ平日に時間を作って観に行く気にはなれない。

群馬から桜を伐採して運び込んだ?
けど、どんなに壮麗で美しくても、伐採した時点でそれはもう人工物としか思えなくて、な……。
靖国神社という神域、夜桜、そして篝火に照らし出される能舞台で演じられる非日常。
それがあってこその夜桜能なんだ。
なのに日比谷公会堂というホールで、篝火もなく、能舞台もない。
それって夜桜能なの……?
ホールでやるのを否定するものではなくて、それならそれでいいんだよ。
けど、夜桜能と銘打ってそれだと平日に無理して時間作りたくない。
それならば週末にゆっくりと国立能楽堂で能楽を観たい。

もちろんすべては天候に左右された結果であって、誰が悪いというものではないし、普通にいい公演なんだよ。
昨年の石橋を観ていなければ、普通に今年も良かったね、で終わるはずだったんだ……。


2日目、3日目は天候も回復してちゃんと靖国神社の能楽堂で夜桜能(桜がどれだけ残っていたかわかりませんが)を堪能できたようですね。
……自分は仕事でしたけど。
うう、羨ましい。



| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
赤坂大歌舞伎、チケット獲れず…
2013.02.02 Saturday 21:14
3月8日(金)から24日(日)まで赤坂ACTシアターで『赤坂大歌舞伎』があるのですが、イープラスのプレオーダーは1次、2次ともに落選。
いまだにチケット確保できてませんよ……。
一般発売は今日から始まってますけど、まったく獲れる気がしません。
コクーン歌舞伎とか平成中村座とかね、こういうのはチケットの争奪戦必至なわけですけど、普通の(?)歌舞伎も面白いので、皆さん新橋演舞場や国立劇場にも観に行くといいですよ。赤坂大歌舞伎ほど派手な外連味はないかもしれないけど、ほら演目によっては宙乗りとかもあるから、ね……。
改装なった新しい歌舞伎座は……ううむ、こっちもしばらくはチケット獲れる気がしないので、あんまり来ないでください(笑)。


そして4月2日(火)から4日(木)まで毎年恒例の奉納靖国神社夜桜能ですよ。
こちらもプレオーダー申し込んで……まあ落選はないと思うのですが、ここのところ負けが込んでるのであまり自信がありません。しかし、18時半から、というのが辛いですよ。フリーランスのままなら(いや、今も一応はフリーなんですが)よほどのことがなければ時間調整できるんですが、会社にいるとその時間に退社というのは不可能に近い。
せめて週末にしていただけると、ありがたいのですけどね……。

| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
十月大歌舞伎 国性爺合戦/勧進帳を観てきた
2012.10.08 Monday 00:58
6日(土)にほぼ一年ぶりの歌舞伎鑑賞に行って参りましたよ。
実は直前になっていろいろと立て込んでいて、この時期にチケットをとったことを後悔してはいたんですが、行って良かった。

観てきたのは十月大歌舞伎 国性爺合戦/勧進帳@新橋演舞場。
ただ、取ったのが3階A席だったんですよね。
宙乗りのある作品ばかり観ていたこともあって、あれだと下手に下の階の席を取るよりは3階席の方が観やすく、なおかつ舞台全景を観るにも都合が良く。
ただ、今回は宙乗り関係ない。
なのにいつもの調子で取ってしまっていたという……。
国性爺合戦はいいんですよ。
尾上松緑の和藤内も格好良かったし。
ただね……勧進帳は失敗しました。
花道がほとんど死角になるので、肝心の市川團十郎の飛び六方がぜんぜん見えない……。
せめて2階席を取っておくべきだった、と後悔しきりですよ。

ううむ、どうも新橋演舞場ではこういう失敗たびたびやっちゃうなー……。
鬼平犯科帳を観たときも、肝心の殺陣部分が死角で見えなかったし、俯瞰で全景観たいなんて考えずに演舞場では素直に一階席取った方がいいのかもしれない。……お高いですけどね。
ううむ、やはり見やすさからいえば、国立劇場の方が好きだなー、自分は。
上演台本も販売してくれるしね。
| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
十月大歌舞伎 国性爺合戦/勧進帳
2012.09.03 Monday 09:48
べつに暇がないわけでもないのですが精神的な余裕もなく、そして某社常駐のため平日昼間にふらっと出かけるわけにもいかない(週3常駐なので、行こうと思えば行けますけど)。そんな状況ゆえにしばらく観劇に行けていないのです。
能狂言はたまに観ていましたけど、歌舞伎に関しては考えてみたら昨年10月の国立劇場「通し狂言 開幕驚奇復讐譚」以来ご無沙汰ですよ。

煮詰まってしまっているのは、何も吸収らしきものをしていないせいかもな……と思い立ち、新橋演舞場の芸術祭十月大歌舞伎「国性爺合戦/勧進帳」のチケットを獲りにeプラスのプレオーダー申し込み。
たぶん行ける……はずです。

歌舞伎以外にも現代劇も何かあれば行きたいところなれど……ううむ。
| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
4月のイベントごと
2012.03.31 Saturday 06:44
奉納靖国神社夜桜能(4月2〜4日)
20周年記念であった昨年は震災のために中止でしたが、今年は復活。

<第1夜>火入れ式、狂言「末広かり」能「石橋」連獅子
<第2夜>火入れ式、狂言「蝸牛」能「石橋」大獅子
<第3夜>火入れ式、狂言「三本柱」能「石橋」連獅子

という演目で開催ですよ。
さすがに3日ともは行きませんが。

そして4月4日は、新宿ロフトプラスワンにて『ナイトランド』創刊記念新宿クトゥルーミーティング
まだ前売りも残ってるっぽですよ?
いあ!いあ!
| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
講座『清盛がめざしたもの』@江戸東京博物館
2012.01.29 Sunday 10:52
現在、両国にある江戸東京博物館において開催されている、NHK大河ドラマ50年特別展『平清盛』に関連して、26日に大河の時代考証もされている高橋昌明神戸大学名誉教授による講義『清盛がめざしたもの』を受講してきました。
当日配られたレジュメを基にした、ざっくりとしたメモです。

1.戦前には不忠の逆臣、戦後次第に評価が高まってきた
・清盛悪評の源泉は『平家物語』
 摂関家に対する悪行(殿下乗合事件)
 王権に対する悪行(法皇被流)
 王法に対する悪行(福原遷都)
 仏法に対する悪行(奈良焼き討ち)
→明治以降の教育によって王権に対する悪行が強調。不忠な逆臣。

・鎌倉幕府に比べて不徹底な武家政権、そして貴族化したために地方武士の離反を招いた

以上がいままでの定説。

2.清盛を見直す
実情は……
・情に溢れる
 最下層の召使いでもその者の家族や知人の見ている前では一人前として扱う。
 相手が不都合な振る舞いを見せても、冗談だと思いみすごすことにした。
 冬の寒い日、幼い従者を自らの衣の裾の法に寝かせてやる。

・世間の常識に囚われない合理主義者
 日宋貿易、宋の文化の取り入れ

3.その政権をどう評価するか
 鎌倉幕府に比べて中途半端な武家政権で、貴族化したため、勃興する武士たちの信望を失い短命に終わった、という従来評価は研究者の間では修正されつつある。
 保元の乱以前でも源平の棟梁のような武士は貴族。貴族と武士を階級的性格を異にする、新旧両勢力として対立関係にあるものと理解することは、歴史の現実に合っていない。元来対立するものではなく、鎌倉時代の国家も幕府のみで成り立っていたわけではない。

 平家政権は前述のような先入観を排して、冷静・客観的な評価をすべき。
 ・京都六波羅を拠点に、諸国御家人に軍事警察の役割を担わせた
 ・清盛自身は福原の居を構え、親平家の公卿に自らの利害を代弁させることで、後白河法皇らの権力と距離を置いた
→この政治方式をより強力かつ整備したものが鎌倉幕府。
 平家政権こそが史上初の幕府(六波羅幕府)といえる
 源頼朝の政治的評価は幕府を創設したことではなく、平家の作り出したひな形を踏襲し、その手法をより本格的に追求したことにある。

4.福原遷都の意味について
 1179年11月に軍事的クーデターによって後白河法皇院政停止
 翌年、以仁王による平家打倒計画発覚
 平安京では以仁王らを支援する南都仏教勢力の圧力を回避できない
→単なる幕府に留まらず、高倉上皇・安徳天皇を頂点とする平氏系新王朝の立ち上げ、それにふさわしい新都としての福原遷都
 しかし、それが結果的に旧来の政治勢力の強硬な反対を招き、その結果頼朝の挙兵をかわきりに反乱が全国化していった
---------------------------------------------------
以上ざっくりと。
そして私見。
研究者の間での平清盛再評価の流れというのはあるようだけど、実際どこまで定説化されているのか。
平家政権の再評価については高橋先生の説であって一般化していいものか、ちょっとわからない。
ただ、戦前の教育によって不当に清盛が“悪役”に貶められていたのは確かだろうし、平家が貴族化したために地方武士の離反を招き、没落したという通説は単純化しすぎのようには思える。
福原遷都はその都内に大輪田泊を擁し、当たり前のように外国人が都を行き来するような国際都市を志向した、というような話も。


一時間半の講義では概略程度なので、もうちょっと深いところを突き詰めるには各種史料をあたって補足していくしかないようだ。



| 瀬多海人 | 舞台/イベント | - | trackbacks(0) | pookmark | ブログランキング |
←back 2/5 pages next→
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Search
Profile
Contact
メールフォームが使えない場合、以下のアドレスからご連絡ください。

Category
Archive
Latest Entry
Recent Trackback
Admin
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
ヴァンパイア・ブライド
募金
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
極上生徒会 ショートストーリーズ~実習生さま。 (コナミノベルス)
極上生徒会 ショートストーリーズ~実習生さま。 (コナミノベルス) (JUGEMレビュー »)
瀬多 海人,持田 康之,桐生 春斗,中野 麻衣,桐生 春斗,中野 麻衣,持田 康之,J・C・STAFF
Recommend
Recommend
ブクログ